FC2ブログ

学研 牧の台教室

読む力・考える力⇒伸びる学力

Top Page › 指導者の思い・方針など › 幼児さんがクレヨンを使うことの重要性
2019-04-16 (Tue)  18:22

幼児さんがクレヨンを使うことの重要性

学研教室の幼児教材では,11A級まではクレヨンを使います。
鉛筆の前にクレヨンを使う理由は,クレヨンが初めての筆記具に適しているからです。
クレヨンは鉛筆と比較すると
①鉛筆より短いため安定しやすい
②ある程度太さがあるため持ちやすい
③芯が柔らかいため曲線や角も描きやすい
という特徴があります。

クレヨンと鉛筆の持ち方は,基本的に同じです。
クレヨンを使うことによって,筆圧を十分にするとともに,手首を柔らかくして,運筆力を養うことができます。

筆圧が十分につかないまま鉛筆を使うと,どうしても自分が書きやすい(力の入れやすい)持ち方になってしまいます。
特に最近は,中指を鉛筆の上に置いてしまうお子さんが多いです。
一度身に付いた癖は,直そうと思ってもなかなか直せません。

ご自宅でも幼稚園でも,クレヨンを十分に使って,楽しみながら筆圧や手首の柔らかさを身につけましょう。

crayons-879974_1280.jpg
Ulrike LeoneによるPixabayからの画像

スポンサーリンク

最終更新日 : 2019-09-25

Comment







管理者にだけ表示を許可