FC2ブログ

学研 牧の台教室

読む力・考える力⇒伸びる学力

Top Page » Next
2020-01-26 (Sun)

読解力の高い子が「国語なんか勉強したことありません!」という理由

読解力の高い子が「国語なんか勉強したことありません!」という理由

手前味噌ですが,我が家の高校1年生の娘は,昔から国語(特に読解問題)が得意です。ですので,国語の勉強に時間をさいたことがありません。今は高校生ですので,古文や漢文の勉強はもちろん必要ですが,高校受験の際も国語の勉強はしたことがないですね。受験校の過去問を解いて,出題の傾向をつかんだぐらいでしょうか。読解問題が得意な理由はただ1つ。昔から読書が大好きだからです。国語の勉強が必要ない,というのは,英語・...

… 続きを読む

手前味噌ですが,我が家の高校1年生の娘は,昔から国語(特に読解問題)が得意です。
ですので,国語の勉強に時間をさいたことがありません。
今は高校生ですので,古文や漢文の勉強はもちろん必要ですが,高校受験の際も国語の勉強はしたことがないですね。
受験校の過去問を解いて,出題の傾向をつかんだぐらいでしょうか。

読解問題が得意な理由はただ1つ。昔から読書が大好きだからです。
国語の勉強が必要ない,というのは,英語・数学・理科・社会・・・とたくさんの科目を勉強しなければならない中高生にとって,時間的にかなり有利です。
逆に,国語に時間を割かなければならないのは,非常にもったいないとも言えますね。

当教室では,「読書が大好き!」というお子さんはほんの数人で,「本なんか嫌い!読まない!」というお子さんが多いです。
男の子が多いせいもあるかも知れません。
そんなお子さんたちが,少しでも文章に触れられるようにと,教室では読解問題(発展問題)に取り組ませて,読解のコツや答え方のコツを指導しています。
「答え方のコツ」というのは,ある程度勉強が必要です(例えば,理由を聞かれたら「~から」と答える,抜き出す際は句読点も正しく抜き出す・・・などいろいろあります)。
ですが「読解のコツ」なんて本来ないんですよ。
ですから,実は指導も難しいところで,教えてあげられるのは,「どこに着目して読むべきか,つなぎ言葉に注意して前後の関係をつかむ」など,読書をする子にとっては当たり前のことばかりです。

中高生になったときに,国語(現代文)の勉強に多くの時間をさかなくて済むよう,時間のある小学生のうちに読書習慣をつけ,できれば「読書大好き!」な子になっておきたいですね。



スポンサーリンク

2020-01-24 (Fri)

漫画も悪くない!

漫画も悪くない!

先日図書館に立ち寄ったときに,手塚治虫氏の漫画「ブラックジャック」が目に入ったので,まとめて借りてきました。実は息子がよく行く耳鼻科の待合室に「ブラックジャック」が1冊だけ置いてあり,いつ行ってもその1冊を繰り返し読んでいるので,いつか全部読ませてあげたいと思っていました。私自身,小学生のときに,「身体が徐々に石になってしまう子ども」の話を読んだ際には,怖くて怖くて,毎朝自分の身体が石になっていない...

… 続きを読む

先日図書館に立ち寄ったときに,手塚治虫氏の漫画「ブラックジャック」が目に入ったので,まとめて借りてきました。
実は息子がよく行く耳鼻科の待合室に「ブラックジャック」が1冊だけ置いてあり,いつ行ってもその1冊を繰り返し読んでいるので,いつか全部読ませてあげたいと思っていました。
私自身,小学生のときに,「身体が徐々に石になってしまう子ども」の話を読んだ際には,怖くて怖くて,毎朝自分の身体が石になっていないか確かめたものです( ;∀;)




私も懐かしく読んでみました。
まず驚いたことは,半世紀も前に描かれたものなのに,今でもなんの違和感もなく面白いこと!
素晴しい書物は時代を超えるんですね。
そして,現在の「環境問題」や「情報化社会」などについて,半世紀も前から手塚氏が予言するかのように警鐘を鳴らしていることです。
環境破壊によって蔓延する病気,コンピューターに管理を任せたものの,そのコンピューターが意志を持ち始め,病院をのっとろうとする話・・・,これが半世紀も前に描かれたものであることに大変驚きました。

息子も今夢中になって読んでいますが,医療・人間の身体について学べることはもちろん,上に書いたような社会問題についても自然に考えさせられる漫画は,読む価値ありだと思います。
同じく手塚氏の漫画「火の鳥」や,もっと最近の漫画でも,きっと「不随する価値」の大きな漫画はたくさんあると思います(ちなみに,うちの娘は小学生のときに「ちはやふる」にはまり,百人一首を全て覚え,大きな大会に出たこともあります)。
読書が苦手だったり抵抗のあるお子さんなら,まずこのような漫画から入るのもよいかも知れませんね。

スポンサーリンク

2020-01-23 (Thu)

「書く」の強化 自分なりの考えを自分なりに表現する

「書く」の強化 自分なりの考えを自分なりに表現する

自分なりの考えを持って,自分なりの表現で相手に伝えるというのは,ある意味,心の解放でもあります。日本の子どもたちは,自己肯定感がとても低いと言われています。自分の考えは持っていると思いますが,それを自分なりの言葉で表現することに尻込みしてしまう。自信がない。全国学力・学習状況調査でも,自分の考えを書かない(書けない)子が多くいるそうです。「こんなことを書いたら怒られるんじゃないか」「全然的外れかも...

… 続きを読む

自分なりの考えを持って,自分なりの表現で相手に伝えるというのは,ある意味,心の解放でもあります。
日本の子どもたちは,自己肯定感がとても低いと言われています。
自分の考えは持っていると思いますが,それを自分なりの言葉で表現することに尻込みしてしまう。自信がない。
全国学力・学習状況調査でも,自分の考えを書かない(書けない)子が多くいるそうです。
「こんなことを書いたら怒られるんじゃないか」「全然的外れかもしれない」と思って,模範的な解答を書こうとしてしまうのです。
実は,私自身もそんな子どもでした。

作文に対する苦手意識をなくすコツ

しかし,今社会が求めているのは,自由で多様な考えでもあります。
既に私立中学の入試問題などでは,
「あなたがこれまで算数との出会いの中で,算数のおもしろさを感じたことはどんなことでしたか?自由に書きなさい」
といったタイプの出題が増えています。ここで求められているのは,その子なりのオリジナルの考えや発想です。

こうした自由記述問題に強くなるためには,自分なりの言葉で自分の心を解放していく経験をたくさんさせていくことが大切だと思います。
小学生,特に低学年の間は論理が多少破たんしていても構わないので,自由気ままに思いつくままに書いてみる,話してみるという活動が,子どもたちの自由な発想や表現につながっていきます。
その上で,高学年になってくると,漢字や語彙,言葉のきまりなどのようにきちんと系統的に教えるべき知識・技能もバランスよく取り入れていくべきです。

学研教室の国語教材には,基本教材の他に,「読解」「言葉のきまり(文法)」「表現」という3種類の発展教材があります。
「読解」「言葉のきまり」は現在もすべてのお子さんに使っていただいていますが,今後は「表現」教材も積極的に活用していきたいと思います。





スポンサーリンク

2020-01-23 (Thu)

「読む」の強化 長い文章を厭わない子どもに

「読む」の強化 長い文章を厭わない子どもに

長い文章を読みこむには,ある程度の集中力が必要なのですが,子どもたちは見た目だけで長文を嫌がる傾向がありますね。長編を読まない,小さな字の本を読まないというのは,大学生でもそうです。ですから,小学生の段階から,長い文章を読んだり長い文章を書いたりすることを厭わない子どもを育てたいですね。スマホなどで瞬時に情報を収集するだけでなく,じっくりと読んで味わうという時間も大切なのです。家庭で読み聞かせをた...

… 続きを読む

長い文章を読みこむには,ある程度の集中力が必要なのですが,子どもたちは見た目だけで長文を嫌がる傾向がありますね。
長編を読まない,小さな字の本を読まないというのは,大学生でもそうです。
ですから,小学生の段階から,長い文章を読んだり長い文章を書いたりすることを厭わない子どもを育てたいですね。
スマホなどで瞬時に情報を収集するだけでなく,じっくりと読んで味わうという時間も大切なのです。

家庭で読み聞かせをたくさんしてもらい,自分でもたくさん本を読んでいる子のほうが学力が高いというのは,学力調査などで明らかになっています。

教科書には良質の文章が集められています。そこから発展して,シリーズをたくさん読ませるのも効果的です。
教科書で「スイミー」を学習したら,レオ・レオニの他の絵本を読む。
授業で「白いぼうし」を読んだら,あまんきみこの「車のいろは空のいろ」シリーズを読む。
そうやって作品を読み深めていくと,子どもたちは本を読むことが好きになっていきます。

質と量を担保しながら,本を読むことの喜びを味わわせ,長い文章にじっくりと取り組むことができるようにする。
そのためには,小学生の間は保護者の努力も必要ですね。
大変かと思いますが,子どもが読書の喜びを知り,自分から未知の分野の本に手を伸ばしていけるような読書意欲を育てていただきたいと思います。






スポンサーリンク

2020-01-23 (Thu)

国語の4技能「話聞書読(わもんしょどく)」の重要性

国語の4技能「話聞書読(わもんしょどく)」の重要性

いつも申し上げていますが,「国語力」はすべての教科において必要であるばかりか,大人になり社会で円滑に生きていく上でも非常に重要なものです。これはもちろん,保護者の皆さまも実感されていることだと思います。「話聞書読(わもんしょどく)」は造語ですが,これらをバランスよく鍛錬することが大切だと考えます。「話す・聞く・書く・読む」この国語の4技能の足腰,いわば体幹を鍛えていくことが,特に小学校段階では大切...

… 続きを読む

いつも申し上げていますが,「国語力」はすべての教科において必要であるばかりか,大人になり社会で円滑に生きていく上でも非常に重要なものです。これはもちろん,保護者の皆さまも実感されていることだと思います。

話聞書読(わもんしょどく)」は造語ですが,これらをバランスよく鍛錬することが大切だと考えます。
「話す・聞く・書く・読む」この国語の4技能の足腰,いわば体幹を鍛えていくことが,特に小学校段階では大切です。

読む」は,子ども達が情報をきちんと受け止め,それを読み解くということです。
何を言わんとしているのか,筋道が通っているか,根拠がやや弱いのではないだろうか,といったように,情報にしっかり向き合って,熟考し,判断し,行動できるようになることが重要なのです。
うわべだけの情報に流され,真偽を確かめもせず鵜呑みにしてしまうことがないように,社会にあふれるたくさんの情報から,必要なものと不必要なもの,正しいものと疑わしいものを自分でしっかり熟考し判断できる。そして行動できる子どもたちを育てていくことが必要です。

「読む」と同様に「書く」ことも非常に大切です。
なぜかというと,人間は頭の中でたくさんのことを考え,想像し,判断しているのですが,それは外からは見えません。
そうした「内言」を「外化」して,認識し共有できるようにすることが「書く」ということです。
「こうかな?違うかな。多分こうかな。」などと頭の中でさまざまにうごめいていく「内言」を,「書く」ことによって「外化」し,整理していくことができるわけです。
これを書いている私自身も,普段考えていることをこうしてブログの記事にすることによって,自分の考えを整理しているのです。

(「読む」の強化,「書く」の強化 へ続きます)





スポンサーリンク

2020-01-22 (Wed)

フリー参観に行ってきました

フリー参観に行ってきました

昨日,小学校のフリー参観に行ってきました。2時間目~4時間目の授業を自由に見学することができます。これまでなかなか見る機会のなかった「家庭科」と「社会」の授業を参観してきました。残念ながら,うちの息子「変顔」してますね(^^;昨日は「ゆで卵」の調理実習でした。先週たまたま息子が,家庭科でゆで卵の学習をしている話をしてくれ,ゆで時間4分だと黄身がトロトロのゆで卵ができるらしいから,やってみたい!と言われ...

… 続きを読む

昨日,小学校のフリー参観に行ってきました。
2時間目~4時間目の授業を自由に見学することができます。
これまでなかなか見る機会のなかった「家庭科」と「社会」の授業を参観してきました。

S__14254098.jpg

残念ながら,うちの息子「変顔」してますね(^^;
昨日は「ゆで卵」の調理実習でした。
先週たまたま息子が,家庭科でゆで卵の学習をしている話をしてくれ,ゆで時間4分だと黄身がトロトロのゆで卵ができるらしいから,やってみたい!と言われ,一緒に作ってみました(我が家では普段は10分ぐらいゆでています)。
できあがったゆで卵は,確かに黄身がトロトロ・・・というよりは生!という感じで,おいしかったのですが,やや食べにくかったです(>_<)
その経験があったため,昨日の調理実習では,息子はゆで時間を5分にしていました。
できあがったゆで卵は,黄身の具合がちょうどよく,「これぐらいがちょうどいい!」と喜んで食べていました(#^.^#)



社会の授業では,ネットワーク社会についての学習のまとめで,「ネットワーク社会の便利な点と危険な点,自分はどう向き合っていくか」を1枚の紙にまとめさせる作業をしていました。
もちろん,教科書や資料集を見ていいのですが,なかなか難しい課題ですね。
私が5年生だったら,投げ出していたかも知れません(>_<)
でも,教室内の全員が真剣に取り組んでいる姿に感心しました。
なかなか落ち着いて学習できている学年のようです。

その後,時間のある限り,生徒さんたちの様子を見に,教室を回らせてもらいました。
3年生だけ,体育の授業の着替え中で,見ることはできませんでした。ごめんね。
みんな,しっかりと授業を受けていましたよ。






スポンサーリンク

2020-01-15 (Wed)

キャンペーンのお知らせ(2/1~)

キャンペーンのお知らせ(2/1~)

☆他塾・通信教育からの入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→入会金無料☆兄弟姉妹入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→2人目から入会金無料☆幼児・新一年生応援キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→入会金無料☆お友達・兄弟姉妹紹介ペアペアキャンペーン(通年)→教室くんスタンプセット or 2WAYナップサックいずれか希望の賞品をプレゼント紹介者・入会者それぞれ選んでいただけます。...

… 続きを読む

☆他塾・通信教育からの入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→入会金無料

☆兄弟姉妹入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→2人目から入会金無料

☆幼児・新一年生応援キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→入会金無料

☆お友達・兄弟姉妹紹介ペアペアキャンペーン(通年)
→教室くんスタンプセット or 2WAYナップサック
いずれか希望の賞品をプレゼント
紹介者・入会者それぞれ選んでいただけます。





スポンサーリンク

2020-01-12 (Sun)

学研教室の存在意義

学研教室の存在意義

「学研教室の先生は一生の担任」です。一人の生徒を何年にもわたって,人としての成長を見守り続けてくれる。学校の先生よりも,時には保護者よりも,その子のいいところを観察している,知っている,褒めてくれる,叱ってくれる,励ましてくれる。それをベースに,一人一人に応じた目標と方法で,「やればできる」「やったらできた」の大小様々な成功を体験させながら,自分で自分の為にがんばれるように支援することで,子どもた...

… 続きを読む

「学研教室の先生は一生の担任」です。

一人の生徒を何年にもわたって,人としての成長を見守り続けてくれる。
学校の先生よりも,時には保護者よりも,その子のいいところを観察している,知っている,褒めてくれる,叱ってくれる,励ましてくれる。
それをベースに,一人一人に応じた目標と方法で,「やればできる」「やったらできた」の大小様々な成功を体験させながら,自分で自分の為にがんばれるように支援することで,子どもたちの自立を促すことができる。
これが結果的に「やらされる」から「自分でやる」への転換を実現し,子どもたちが元気になることにつながる。
これは他の教育システムでは,実際の現場では,大変実現しにくい命題であり,学研教室だからこそできる,学研教室でしかできない教育がここにあります。
これが学研教室の最大の特長であり,存在意義であります。

40th_logo_main.png

スポンサーリンク

2020-01-01 (Wed)

2020年1月・2月の予定

2020年1月・2月の予定

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。12/30・1/2 教室休み1/10 中学実力テスト1/25 英検(準会場)1/31・2/1 学研全国共通テスト...

… 続きを読む

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

IMG_20191219_0001.jpg

12/30・1/2 教室休み
1/10 中学実力テスト
1/25 英検(準会場)
1/31・2/1 学研全国共通テスト

4950773322.jpg

スポンサーリンク

2019-12-24 (Tue)

メリークリスマス!

メリークリスマス!

昨日の教室です。みなさん,1年間ありがとう(#^.^#)来年も楽しく教室に通ってね。...

… 続きを読む

昨日の教室です。

DSC_1030-min.jpg

みなさん,1年間ありがとう(#^.^#)
来年も楽しく教室に通ってね。

スポンサーリンク