FC2ブログ

学研 牧の台教室

読む力・考える力⇒伸びる学力

Top Page › 中学生の勉強法~高校受験情報 › 中学生の実力テストについて
2020-12-28 (Mon)  09:27

中学生の実力テストについて

中学生になると,定期テストとは別に,実力テストが年に2~3回実施されます。

定期テストでは学年順位は本人に通知されないのですが,実力テストでは順位が通知されます。「実力テストは実力で受けるものだから勉強しない!」と豪語する中学生も多いのですが,それはもったいない話です。実力テストの範囲はこれまでに習った範囲すべてですので,それに向けて勉強することは,今までの総復習になり,受験勉強を少しでもラクにするとともに,苦手な単元を把握する手段になります。

また,定期テストは範囲が限られていますので,過去問題を多く解くことで,「見た目上の」点数だけは上げることができますが,私は実力テストで高得点を取れるほうが,本来の実力がついてきていると考えています。ですので,当教室では,積極的に実力テストに向けて勉強するように促しています。

新年早々,実施されますので,当教室の中学生はすでに実力テストに向けた勉強に入っています。ただし,勉強はあくまで自分主体でするものです。質問に応じたり,勉強についてのアドバイスはもちろん行いますが,自分を律するのは自分しかいません。年末年始を挟んで気持ちも緩みがちですが,計画をしっかり立て,メリハリをつけて,後悔のないように頑張ってほしいと思います。


スポンサーリンク

最終更新日 : 2020-12-28

Comment







管理者にだけ表示を許可