FC2ブログ

学研 牧の台教室

読む力・考える力⇒伸びる学力

Top Page › 教室・指導者紹介 › 学研教室の存在意義
2020-01-12 (Sun)  11:55

学研教室の存在意義

「学研教室の先生は一生の担任」です。

一人の生徒を何年にもわたって,人としての成長を見守り続けてくれる。
学校の先生よりも,時には保護者よりも,その子のいいところを観察している,知っている,褒めてくれる,叱ってくれる,励ましてくれる。
それをベースに,一人一人に応じた目標と方法で,「やればできる」「やったらできた」の大小様々な成功を体験させながら,自分で自分の為にがんばれるように支援することで,子どもたちの自立を促すことができる。
これが結果的に「やらされる」から「自分でやる」への転換を実現し,子どもたちが元気になることにつながる。
これは他の教育システムでは,実際の現場では,大変実現しにくい命題であり,学研教室だからこそできる,学研教室でしかできない教育がここにあります。
これが学研教室の最大の特長であり,存在意義であります。

40th_logo_main.png

スポンサーリンク

最終更新日 : 2020-01-22

Comment







管理者にだけ表示を許可