FC2ブログ

学研 牧の台教室

読む力・考える力⇒伸びる学力

2020-03-01 (Sun)

開室5周年を迎えました。

開室5周年を迎えました。

2020年3月1日をもって,牧の台教室開室から丸5年を迎えます。無事に5年間続けてこられたのも,教室運営にご理解とご協力をいただいている保護者のみなさん,そして学習がうまくいっているときもいかないときも通い続けてくれる生徒さんたちのおかげです。本当にありがとうございます。この間,たくさんの生徒さんとの出会いと別れがありました。先日,近所の飲食店に立ち寄ると,当教室の卒業生(高3)がアルバイトをしていました...

… 続きを読む

2020年3月1日をもって,牧の台教室開室から丸5年を迎えます。
無事に5年間続けてこられたのも,教室運営にご理解とご協力をいただいている保護者のみなさん,そして学習がうまくいっているときもいかないときも通い続けてくれる生徒さんたちのおかげです。本当にありがとうございます。

この間,たくさんの生徒さんとの出会いと別れがありました。
先日,近所の飲食店に立ち寄ると,当教室の卒業生(高3)がアルバイトをしていました!
声をかけると,もう無事に大学も決まったとのこと。本当に嬉しく思いました。

人生は山あり谷あり,決して楽しくラクなことばかりではありません。諦めず努力できる強い心,やればできると信じる心をもった人になれるよう,子どもの心が育つ教室を目指していきたいと思います。
今後とも,よろしくお願い致します。

pink-roses-2191636_1280.jpg

スポンサーリンク

2020-02-29 (Sat)

キャンペーンのお知らせ

キャンペーンのお知らせ

☆他塾・通信教育からの入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→入会金無料☆兄弟姉妹入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→2人目から入会金無料☆幼児・新一年生応援キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)→入会金無料☆お友達・兄弟姉妹紹介ペアペアキャンペーン(通年)→教室くんスタンプセット or 2WAYナップサックいずれか希望の賞品をプレゼント紹介者・入会者それぞれ選んでいただけます。↓ペアペアキャンペーンのチ...

… 続きを読む

☆他塾・通信教育からの入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→入会金無料

☆兄弟姉妹入会キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→2人目から入会金無料

☆幼児・新一年生応援キャンペーン(2/1~4/16付け入会まで)
→入会金無料

☆お友達・兄弟姉妹紹介ペアペアキャンペーン(通年)
→教室くんスタンプセット or 2WAYナップサック
いずれか希望の賞品をプレゼント
紹介者・入会者それぞれ選んでいただけます。

↓ペアペアキャンペーンのチラシです。
IMG_20200228_0001.jpg


スポンサーリンク

2020-02-27 (Thu)

5年表彰を行いました

5年表彰を行いました

牧の台教室が開室したのはちょうど5年前。その当時から通い続けて下さっている生徒さんに,5年表彰を行いました。3年のときは銅メダルですが,今回はピカピカの銀メダルがついています(#^.^#)7年・9年でも表彰がありますので,それを目指して頑張ろう!...

… 続きを読む

牧の台教室が開室したのはちょうど5年前。
その当時から通い続けて下さっている生徒さんに,5年表彰を行いました。
3年のときは銅メダルですが,今回はピカピカの銀メダルがついています(#^.^#)
7年・9年でも表彰がありますので,それを目指して頑張ろう!

DSC_1139-min.jpg
DSC_1140-min.jpg

スポンサーリンク

2020-02-05 (Wed)

全国共通テストを実施しました②

全国共通テストを実施しました②

全国共通テストの結果を分析したところ,おおよそ3つのタイプに分けられることが分かりました。Aタイプ:国語も算数も90点前後か90点以上Bタイプ:算数は90点前後か90点以上,国語は70点前後Cタイプ:国語も算数も70点前後かそれ以下当教室では,Aタイプのお子さんが最も多かったです。日頃から教室学習にも宿題にも,しっかり取り組める子たちです。学習内容をきちんと理解できているだけでなく,テストに向かう集中力もしっかり...

… 続きを読む

全国共通テストの結果を分析したところ,おおよそ3つのタイプに分けられることが分かりました。

Aタイプ:国語も算数も90点前後か90点以上
Bタイプ:算数は90点前後か90点以上,国語は70点前後
Cタイプ:国語も算数も70点前後かそれ以下

当教室では,Aタイプのお子さんが最も多かったです。
日頃から教室学習にも宿題にも,しっかり取り組める子たちです。
学習内容をきちんと理解できているだけでなく,テストに向かう集中力もしっかり育っていると言えるでしょう。

Bタイプのお子さんは1人(高学年)。
入会されたときは国語・算数ともに苦手でしたが,教室学習も宿題も真面目に取り組むお子さんで,算数はグングン伸びてきました。昨年のテストでも算数はほぼ満点に近い結果でした。高学年の算数で,満点に近い点数が取れるのは非常に立派です。
ただ,昔から読書をしないお子さんで,どうしても読解力や語彙力が育ってきていません。
昨年も今年も,「ことわざ・慣用句」や「読解問題」で点数を落としていました。
昔は算数の文章問題も,問題文が正しく読めず苦手だったのですが,算数の文章問題はそれほど文章が長くはないですし,ある程度型も決まっていますので,訓練によって解けるようになってきました。
ですが,説明文や物語文などの長文を読み正しく理解する力は,やはり日頃から読書によって読解力を身に付けておかなければ,なかなか学習という訓練だけでは伸ばしきれないことを物語っています。

Cタイプのお子さんは2人(高学年・低学年)。
2人とも,学習内容を理解できていなくて間違えているのではなく,ケアレスミスや問題文をきちんと読まないことによるミスが重なって,大きく点数を落としています。
例えば,
文章問題の単位を付け忘れる。
約数の個数を問われているのに,約数をそのまま書き出す。
カタカナで書くよう指示があるのに,ひらがなで書く・・・。
など,本当に些細なミスなのですが,それが重なって3割近くの点数を落としているのは,やはり注意力不足・集中力不足と言わざるを得ません。
特徴的なのは,2人とも教室ではマイペースながら真面目に取り組むのですが,宿題がややおざなりになっている点です。
教室ではできていた問題ができていなかったり,一部の問題を解かないまま提出したり・・・。
もちろん,次の教室時に直させると,きちんと解くことができます。
分かっているのに,環境や状況によって注意力や集中力を発揮できないのはもったいないですね。
様々な要因があると思いますので,懇談時にお話しさせていただきたいと思います。


スポンサーリンク

2020-02-04 (Tue)

全国共通テストを実施しました①

全国共通テストを実施しました①

1/31・2/1の2日間にわたって,全国共通テストを実施しました。1年間で学習したことがしっかり身に付いているかを確認するためのテストです。今回初めて受験する生徒さんも数人いて,特に低学年の生徒さんはいつもと違う雰囲気に緊張したことと思います。テストを始める前には毎回,「一通り解き終わったら,見直しをしっかりすること」をみんなにお話しします。我が子にもいつも言うのですが,見直しは「正解しているという前提」...

… 続きを読む

1/31・2/1の2日間にわたって,全国共通テストを実施しました。
1年間で学習したことがしっかり身に付いているかを確認するためのテストです。
今回初めて受験する生徒さんも数人いて,特に低学年の生徒さんはいつもと違う雰囲気に緊張したことと思います。

DSC_1119-min.jpg


テストを始める前には毎回,「一通り解き終わったら,見直しをしっかりすること」をみんなにお話しします。
我が子にもいつも言うのですが,見直しは「正解しているという前提」で行っても意味がありません。
それではほとんど間違いを見つけることができないからです。
「間違えているという前提」で行うことによって,初めてミスを見つけることができます。

ですが,何度お話ししても,それはまだ小学生,特に低学年さんには難しいですよね。
見直し不足によるケアレスミスがいくつかありました。

テストの正式な結果は,3月に入ってから本部より送られてきたものをお渡ししますが,私のほうで簡易採点を行いました。
結果,根本的に理解できていないことによるミスはほとんどなく,すぐに直せるケアレスミス,問題文をきちんと読んでいないことによるミスがほとんどでしたので,次の教室時に直しをしてもらいました。
みんな,「見直したつもり」だったのに,自分がうっかりミスをしていたこと,問題文を読み落としていたことに気付いて,ガッカリしたり驚いたりしていました。
「分かっていたのにもったいない!」という気持ちになった子もいるようです。
その気持ちが大切ですね。
小学生のうちに間違えることは,悪いことではないんですよ。
そういうミスをする自分に気付いて,次は少しでも気をつけようと思うことが大切です。






スポンサーリンク

2020-02-01 (Sat)

2020年2月・3月の予定

2020年2月・3月の予定

2/1 全国共通テスト2/18~20 中学学年末テスト3月中旬~末 個人懇談...

… 続きを読む

IMG_20200201_0001.jpg

2/1 全国共通テスト
2/18~20 中学学年末テスト
3月中旬~末 個人懇談

スポンサーリンク

2020-01-26 (Sun)

読解力の高い子が「国語なんか勉強したことありません!」という理由

読解力の高い子が「国語なんか勉強したことありません!」という理由

手前味噌ですが,我が家の高校1年生の娘は,昔から国語(特に読解問題)が得意です。ですので,国語の勉強に時間をさいたことがありません。今は高校生ですので,古文や漢文の勉強はもちろん必要ですが,高校受験の際は国語の問題集すら買いませんでした。受験校の過去問を解いて,出題の傾向をつかんだぐらいでしょうか。読解問題が得意な理由はただ1つ。昔から読書が大好きだからです。国語の勉強が必要ない,というのは,英語・...

… 続きを読む

手前味噌ですが,我が家の高校1年生の娘は,昔から国語(特に読解問題)が得意です。
ですので,国語の勉強に時間をさいたことがありません。
今は高校生ですので,古文や漢文の勉強はもちろん必要ですが,高校受験の際は国語の問題集すら買いませんでした。
受験校の過去問を解いて,出題の傾向をつかんだぐらいでしょうか。

読解問題が得意な理由はただ1つ。昔から読書が大好きだからです。
国語の勉強が必要ない,というのは,英語・数学・理科・社会・・・とたくさんの科目を勉強しなければならない中高生にとって,時間的にかなり有利です。
逆に,国語に時間を割かなければならないのは,非常にもったいないとも言えますね。

当教室では,「読書が大好き!」というお子さんはほんの数人で,「本なんか嫌い!読まない!」というお子さんが多いです。
男の子が多いせいもあるかも知れません。
そんなお子さんたちが,少しでも文章に触れられるようにと,教室では読解問題(発展問題)に取り組ませて,読解のコツや答え方のコツを指導しています。
「答え方のコツ」というのは,ある程度勉強が必要です(例えば,理由を聞かれたら「~から」と答える,抜き出す際は句読点も正しく抜き出す・・・などいろいろあります)。
ですが「読解のコツ」なんて本来ないんですよ。
ですから,実は指導も難しいところで,教えてあげられるのは,「どこに着目して読むべきか,つなぎ言葉に注意して前後の関係をつかむ」など,読書をする子にとっては当たり前のことばかりです。

中高生になったときに,国語(現代文)の勉強に多くの時間をさかなくて済むよう,時間のある小学生のうちに読書習慣をつけ,できれば「読書大好き!」な子になっておきたいですね。



スポンサーリンク

2020-01-24 (Fri)

漫画も悪くない!

漫画も悪くない!

先日図書館に立ち寄ったときに,手塚治虫氏の漫画「ブラックジャック」が目に入ったので,まとめて借りてきました。実は息子がよく行く耳鼻科の待合室に「ブラックジャック」が1冊だけ置いてあり,いつ行ってもその1冊を繰り返し読んでいるので,いつか全部読ませてあげたいと思っていました。私自身,小学生のときに,「身体が徐々に石になってしまう子ども」の話を読んだ際には,怖くて怖くて,毎朝自分の身体が石になっていない...

… 続きを読む

先日図書館に立ち寄ったときに,手塚治虫氏の漫画「ブラックジャック」が目に入ったので,まとめて借りてきました。
実は息子がよく行く耳鼻科の待合室に「ブラックジャック」が1冊だけ置いてあり,いつ行ってもその1冊を繰り返し読んでいるので,いつか全部読ませてあげたいと思っていました。
私自身,小学生のときに,「身体が徐々に石になってしまう子ども」の話を読んだ際には,怖くて怖くて,毎朝自分の身体が石になっていないか確かめたものです( ;∀;)




私も懐かしく読んでみました。
まず驚いたことは,半世紀も前に描かれたものなのに,今でもなんの違和感もなく面白いこと!
素晴しい書物は時代を超えるんですね。
そして,現在の「環境問題」や「情報化社会」などについて,半世紀も前から手塚氏が予言するかのように警鐘を鳴らしていることです。
環境破壊によって蔓延する病気,コンピューターに管理を任せたものの,そのコンピューターが意志を持ち始め,病院をのっとろうとする話・・・,これが半世紀も前に描かれたものであることに大変驚きました。

息子も今夢中になって読んでいますが,医療・人間の身体について学べることはもちろん,上に書いたような社会問題についても自然に考えさせられる漫画は,読む価値ありだと思います。
同じく手塚氏の漫画「火の鳥」や,もっと最近の漫画でも,きっと「不随する価値」の大きな漫画はたくさんあると思います(ちなみに,うちの娘は小学生のときに「ちはやふる」にはまり,百人一首を全て覚え,大きな大会に出たこともあります)。
読書が苦手だったり抵抗のあるお子さんなら,まずこのような漫画から入るのもよいかも知れませんね。

スポンサーリンク